• トップページ
  • 商品紹介
  • レシピ紹介
  • 会社案内
  • お問合せ

コラム

こんなにあるぞいかの種類

日本近海で獲れる「いか」だけでも約100種類。姿で名前を当てる人はそう多くは無いでしょう。コウイカを代表とする石灰質の硬い甲羅をもつ「コウイカ目」と、透明な柔らかい甲羅を持つ「ツツイカ目」に大別できます。その中から比較的お目にかかる機会の多いイカをご紹介。

●スルメイカ ●ヤリイカ ●アオリイカ ●ケンサキイカ ●コウイカ

●モンゴウイカ(カミナリイカ) ●ハリイカ ●マツイカ(アルゼンチンイレックス)

●アカイカ ●ホタルイカ

 

漁獲量 ナンバーワンの星 スルメイカ

(ツツイカ目アカイカ科)

日本近海でとれるいかは100種以上ありますが、漁獲量約80%を占める最も多いイカ。円筒形の胴の背中に、黒褐色の斑紋が密集しているのが特徴です。わたが大きいので、塩辛を作るのに最適。漁期は初夏から始まり、本格的なシーズンは秋から冬。春から初夏にかけて出回る小型のいかには「むぎいか」の名も。関西では「まついか」、九州では「とんきゅう」、東北・北海道では「まいか」、また干物にしたものは「二番するめ」「松前いか」と呼ばれます。

漁獲量 ナンバーワンの星 スルメイカ

●旬/初夏から夏、肉質が充実する秋冬●主産地/日本周辺海域、特に北海道、三陸沖
●お味/肉は薄めで堅め。歯ごたえと甘みがあるので、さしみに最適。
 函館の郷土料理、いかそうめんもこのいかで作る。
●ヤマカでは、国内産スルメイカにこだわり「糸造り」や「いかそうめん」などの商品を展開ています。

一覧はこちら

ヤマカ食品

ヤマカ食品写真

TEL 0726-54-2312(代)
FAX 0726-54-9820

〒566-0062
大阪府摂津市鳥飼上3丁目2番32号
Googlemap

 

mマート